Windows仮想化機能でP2V可能なバックアップイメージについて

概要

Windows仮想化機能でP2V可能なバックアップイメージは下記になります。
- AIP2018で取得したバックアップイメージ
- 起動環境(WinPEベース/CentOSベース)で取得したWindwosシステムのオフラインバックアップイメージ

制限事項
- HyperBackupで取得したバックアップイメージの仮想化はできません。
- for Hyper-V EnterpriseはVMware製品向けの仮想化はできません。
- Linux版で取得したイメージは仮想化はできません。

対象製品

- ActiveImage Protector 2018



?akb&p=3076



?akb&p=3076

Table of Contents