VSSの一時領域について

概要

ホットバックアップを行う場合、各ボリュームにバックアップを実行するために十分な空き領域があることを確認します。
マイクロソフト社はシステムで予約されていないすべてのボリュームで使用可能なディスク領域の10%以上の空きを推奨しています。
10%以上の空きはVSSスナップショットを作成する一時領域として必要なものです。

なお、VSSスナップショットは異なるドライブに作成することができます。
空き容量が少ないボリュームの場合は、VSSスナップショット作成先を十分空き容量が確保されているボリュームへ変更することを検討してください。

 

 



?akb&p=1452



?akb&p=1452

Table of Contents