Linuxベースの起動環境のUSBメモリ作成方法

概要

AIP2018ではLinuxベースの起動環境を添付していますが、DVDに書き込んでDVDから起動すると起動までに数分~5分程度かかることがあります。Linuxベースの起動環境をUSBメモリから起動すると、起動時間短縮になります。

USBメモリを作成するために事前にRufusをインストールしてください。
https://rufus.ie/ja/

作成手順

1) Rufusを起動して、[デバイス]の項目でUSBメモリを選択します。
2) [選択]ボタンを押しLinuxベースの起動環境のISOファイルを指定します。
3) [スタート]ボタンを押して作成します。



?akb&p=3267



?akb&p=3267

Table of Contents