Linuxのシステムログに出力されるメッセージについて

概要

Linuxのシステム起動時やバックアップ時に下記のようなメッセージがシステムログに出力されます。

1) 起動時に出力されるメッセージ
kernel: dattobd: loading out-of-tree module taints kernel.
kernel: dattobd: module verification failed: signature and/or required key missing - tainting kernel
kernel: datto: failed to locate system call table, persistence disabled

スナップショットドライバーに署名が無いため出力されますが、動作に影響は無く無視してください。

2) バックアップ時に出力されるメッセージ
kernel: datto: fallocate is not supported for '/boot/efi/.datto', falling back on writing zeros

fallocateコマンドによりCOWファイルを作成するときに出力されますが、動作上影響は無く無視してください。

対象製品

- ActiveImage Protector 2018/2022 Linux



?akb&p=4247

Table of Contents