0x8004231fのエラーが発生してバックアップタスクがExit -311でエラーになる

概要

Exit -311が発生してVSSのエラー(0x8004231f) が発生することがあります。

03/30/2021 06:04:44.861 com exception caught(0x8004231f) in VssStart

03/30/2021 06:04:44.953 {IDS_STRING3018}Exit Code: -311

原因

このエラーは VSS_E_INSUFFICIENT_STORAGE を示しており、ShadowStorage の空き容量が少なくなっていることを意味します。バックアップを行っているドライブの空き容量を確認して、ドライブ容量の10%以上の空き容量を確保してください。各ドライブの空き容量が十分ある場合は、回復パーティションが原因になっている可能性が高いです。

1) 回復パーティションの空き容量を求める
diskpartコマンドで回復パーティションを確認する

DISKPART> list partition
Partition ### Type               Size    Offset
------------- ------------------ ------- -------
Partition 1   回復               499 MB  1024 KB
Partition 2   システム            99 MB   500 MB
Partition 3   予約                16 MB   599 MB
Partition 4   プライマリ          98 GB   615 MB

2) diskinfoコマンドで空き容量を計算する
下記を実行してディスクの詳細な情報を表示します。表示したら、パーティション番号と一致する情報を確認します。

>C:\Program Files (x86)\Actiphy\ActiveImage Protector\aipcontrol diskinfo    
        Partition Number: 1
        Drive Letter:     <None>
        Partition Type:   DE94BBA4-06D1-4D40-A16A-BFD50179D6AC
        FSType:           Unknown(0)
        Boot:             0
        System:           0
        CSV:              0
        Extended:         0
        Sector Size:      512
        Cluster Size:     4096
        StartOffset:      2048
        Total Clusters:   127743
        Free Clusters:    6781
        Total Sectors:    1021952 (0.49 GB)
        Serial Number:    B4CEB079
        Unique ID:        \?Volume{6111596d-3375-48ec-bbda-b36dbfd5d28e}
        Volume Label:     回復

3) clusterの情報より計算する

空き容量を求めるには Free Clusters の値と Cluster Size の値を使用します。
(6781 * 4096)/1024/1024 = 26MB
この例では、約499MBの回復パーティションで空き容量は約26MBであることが算出され、空きが少ないです。

マイクロソフトでは、小さなボリュームの制限として下記仕様があります500MB以上のパーティションサイズの場合、320MBの空きが必要となります。500MBより小さいサイズでは32MBの空きが必要となります。

https://docs.microsoft.com/en-us/previous-versions/windows/it-pro/windows-server-essentials-sbs/ff402401(v=ws.11)?redirectedfrom=MSDN
---------------
Make sure there is enough free space on each volume for backup to run. Backup requires some additional disk space on the client computer to create a VSS snapshot.
On any volume that is not system reserved, at least 10 percent of available disk space must be free.
On a system reserved volume, if the volume size is less than 500 MB, VSS requires 32 MB of free space to create a snapshot;
if the volume is 500 MB or greater, VSS requires 320 MB of free space.
If insufficient free space is available on a volume, try one of these resolutions:Extend the volume. You can extend any basic or dynamic volume except the system reserved volume.
---------------

回避策

ボリューム単位でバックアップタスクを作成してください。または、原因が回復パーティションの場合、回復パーティションを削除する方法があります。メーカー製PCの場合、回復パーティションにデータが入っていることが多く、回復オプションで使用されることがあります。回復パーティションを削除する場合は、メーカーに確認してください。

対象製品

- ActiveImage Protector 2018



?akb&p=2827

Table of Contents