起動環境でハードディスクを認識しない場合の対応方法について

概要

Windows PEベースもしくはLinuxベースの起動環境で起動した状態で、バックアップまたは復元対象のハードディスクを認識できない場合があります。これは起動環境にストレージコントローラのドライバーが含まれていないことが原因です。Linuxベースの起動環境はお客様がドライバーを追加することができないため、Windows PEベースの起動環境を使用して下記の方法を試してください。

対策

1) Windows ADKを最新にアップデートする

Windows ADKをアップデートすることでストレージコントローラのドライバが更新されてハードディスクが認識できるようになる場合があります。
古いWindows ADKを使用している場合は、Windows ADKを最新にアップデートしてからWindows PEベースの起動環境を作成し直してください。

2) ストレージコントローラのドライバーをロードする

PCハードウェアメーカーのWebサイトなどから、ストレージコントローラのドライバーをダウンロードしてください。
Windows PEに追加するドライバーは .inf ファイル形式のドライバーである必要があります。Setup.exe などのインストーラー形式のドライバーは組み込むことができません。

Windows PEベースの起動環境を起動後に、[ユーティリティ]→[ドライバーローダー]を実行して、ダウンロードしたドライバーをロードさせて、ハードディスクを認識するかを確認してください。

対象製品

- ActiveImage Protector 2018



?akb&p=3234



?akb&p=3234

Table of Contents