仮想スタンバイレプリカのスナップショット(チェックポイント)を削除した場合のエラーについて

概要

vStandbyは変換処理を実行すると仮想スタンバイレプリカにスナップショット(チェックポイント)を作成します。
このスナップショットを手動で削除すると次回のvStandbyの処理でエラーが発生します。

詳細

仮想スタンバイレプリカをHyper-Vに作成した場合のエラー

06/23/2021 04:38:43.627 TaskHyper_V_P2vAndDoSnapshot create snapshot error dwError=30,lpRevertAndRemoveSnaphotName=32B5556F-78A4-48A9-AB63-B6CC25C8A477,iRet=0
06/23/2021 04:38:43.627 TaskHyper_V_P2vAndDoSnapshot 0013 001 u8IpAddress=t2,u8Username=administrator
06/23/2021 04:38:43.627 TaskHyper_V_P2vAndDoSnapshot 0013 002 u8VmUUID=FAA7C0E5-751F-4919-BD16-A9818DBB27D6,u8VmName=win-ri6peui32ia,u8Domain=t2

06/23/2021 04:38:44.741 {IDS_STRING3018}Exit Code: 32774

仮想スタンバイレプリカをESXiに作成した場合のエラー

06/23/2021 01:37:23.128 RevertVMWareOneSnapshot 001 iTempReturn=0,size=3,m_nBackupType=2
06/23/2021 01:37:23.708 RevertVMWareOneSnapshot 002 iRet=0,size=3,m_nBackupType=2
06/23/2021 01:37:23.708 RevertVMWareOneSnapshot 003 iSnapshot=0, u8VmSnapshotName=Root_Not_Boot
06/23/2021 01:37:23.708 RevertVMWareOneSnapshot 003 iSnapshot=1, u8VmSnapshotName=V20210623_093405
06/23/2021 01:37:23.708 RevertVMWareOneSnapshot 003 iSnapshot=2, u8VmSnapshotName={f4eb167b-138d-404d-8eb8-b2126813951e}
06/23/2021 01:37:23.708 RevertVMWareOneSnapshot 004 bRecord=0,lpRevertAndRemoveSnaphotName=
06/23/2021 01:37:23.708 RevertVMWareOneSnapshot 005 error
06/23/2021 01:37:23.708 RevertVMWareOneSnapshot 0013 error

06/23/2021 01:37:24.407 {IDS_STRING3018}Exit Code: -101

対策

仮想スタンバイレプリカにあるスナップショット(チェックポイント)を削除しないでください。誤って削除した場合は、現在のスケジュールを削除して、新たにスケジュールを再作成してください。

対象製品

- ActiveImage Protector 2018



?akb&p=3406



?akb&p=3406

Table of Contents