バックアップイメージ保存先の認証でエラーが発生する問題について

概要

ActiveImage Protector2018では、スケジュール作成時に保存先パスと認証のヒストリー情報をfolderhistory.iniに保存します。
次回以降の認証確認の操作が行われると、この情報を元に確認しに行きます。
そのため保存先のパスワードを変更した場合に認証エラーが発生してタスクがエラーになることがあります。

バックアップイメージ保存先の認証でエラーが発生した場合は、下記の回避策を実行してください。

回避策

1) AIPサービスを停止します。

Windowsのサービスの一覧から「ActiveImage Protector Service」を停止します。

2) AIPインストールパスにある「folderhistory.ini」を削除します。

3) Workstationサービスを再起動します。
Windowsのサービスの一覧から「Workstation」を再起動します。

4) AIPサービスを開始します。
Windowsのサービスの一覧から「ActiveImage Protector Service」を開始します。

5) ワンタイムバックアップもしくは、スケジュールバックアップを実行します。

対象製品

- ActiveImage Protector 2018



?akb&p=2502

Table of Contents