イメージファイル結合の推奨設定について

詳細

ActiveImage Protectorのポストバックアッププロセスの結合と、ImageCenter LEの結合タスクは、次の画面のように設定することを推奨します。

最新の増分イメージを n 個残す
→ 作成した増分イメージの残す数を指定します。

スマートコンソリデーションを使用する
→ 結合を実行する際、削除されたデータをイメージから除外します。結合の処理時間は増加しますが、イメージファイルのサイズを抑制することができます。

イメージファイルの残り方について
「最新の増分イメージを7個残す」の設定にした場合は、イメージファイルが合計して9個保存先に残ります。
イメージファイルの構成は下記のとおりです。

赤色の枠のイメージ:
ベース(フル)イメージです。
結合では増分イメージ同士を合成するため、ベースイメージは結合しません。

青色の枠のイメージ:
結合済みの増分イメージです。
結合済みの増分イメージは「最新の増分イメージを n 個残す」の設定に含まれないため、個数+1個のイメージが残ります。
(例:7個残す場合は、7+1で8個の増分イメージが残ります)

黄色の枠のイメージ:
未結合の増分イメージです。
「最新の増分イメージを n 個残す」の設定で残したイメージです。

対象製品

- ActiveImage Protector 2018
- ImageCenter LE



?akb&p=3393

Table of Contents